ゼロから創ったEV?

ゼロから創ったEV?

テスラと言えば11月のセミナーで紹介した住宅用蓄電池『パワーウォール』、ホームバッテリーと呼んでいるようですが全く同じメーカーです。発想はどちらも革新的で面白い。

今回はもう認知はされていると思いますが、EV(電気自動車)『テスラ モデル3』に試乗してきました。評論家ではないので難しいことは書けないが…

 

ショッピングモールの駐車場から出て一般道が試乗コース。試乗したのはモデル3では真ん中の価格帯にある『ロングレンジ』、前後にモーターが設置してあるタイプ。

テスラの加速 ≒ ジェットコースター

フェラーリなみの加速度はEVの特徴のひとつ。試乗車のスペックは0-100km/hが4.6秒。このスペックを今まで気にしたこともありません。どぉーせフェラーリやポルシェじゃないし、気にしても仕方がないし。

さて、前のクルマと車間が広がったところで深く踏み込んでみたら・・・

体も頭もシートに押し付けられる間隔。怖くてベタ踏みも出来ず、ほんの数秒しか踏み込めず・・・ こんな加速のクルマに乗ったこともないのでただただビックリ。試乗が終わるまで興奮していました。ジェットコースターでいきなり加速するときのような感覚かな?

加速中もかなり静かでロードノイズと風切り音ぐらいかな?

他には、オートパイロット機能も良い出来だと思います。セットすれば前のクルマに追従し、カーブのハンドル操作もしてくれます。右折・左折は自分で操作しますが、他は交差点でも調整して走ってくれます。速度も標識を自動認識し、制限速度+10km/hまでで走ってくれます。

テスラは自動車におけるひとつの革命かもしれませんね。EVを発売している他メーカーではエンジンを載せ替えただけのような車もありますが、もっと大胆に創造しないとついていけなくなるでしょうね。

『テスラ モデル3』の下のグレードにはモーターが後ろだけの「スタンダードレンジ」がありますが、こちらはご覧のスペック。

ところで、テスラの操作で一番難しいのは・・・

 

ドアの開閉かもしれません。

BLOGカテゴリの最新記事